2016年9月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
寺本欣児/TERAMOTO Kinji
K-mann 101

アパレルメーカー(株)サーティーファイブサマーズの代表取締役。現在はRocky Mountain Featherbedなど幾つかのメンズ中心のブランドを所有しており、各ブランドのディレクションからデザインまでこなす傍ら、小売店ANATOMICA東京の主宰でもある。ANATOMICA PARISのピエール・フルニエ氏と共にANATOMICAの商品ラインナップのディレクションとデザインも兼任する。そして各国のヴィンテージウェアのディーラーが自身の元へ訪れる世界的にも有名なヴィンテージウェアのコレクター。さまざまな顔を持ち世界中を飛び回る超多忙なこのタイミングでの「101=初めの一歩」をタイトルとしての初ブログスタート!!

Kinji Teramoto is the president of 35 SUMMERS CO., LTD and an owner and director of several brands such as Rocky Mountain Featherbed. Kinji also represents a concept shop, ANATOMICA TOKYO and works together with Pierre Fournier of ANATOMICA PARIS directing and designing for the ANATOMICA label. In addition, he is world famous as a vintage collector that a number of dealers of vintage visit from all over the world. This multi-talented fashionista has newly started a blog titled “101” that stands for “the first step”.




ボートシューズ 101 (BOAT SHOES 101)

アナトミカで売り出したスニーカーが なぜ茶色に黒いラバーソールなのか

そしてなぜワクワというブランドなのか 少し我慢して読んでみてください。

 

I want to write reason why sneaker is sold in ANATOMICA that brand called WAKOUWA.

Also I want you know why shoes in brown canvas upper with black rubber sole exist.

 

 

僕がANATOMICAパリ用の618オリジナルジーンズを完成させて間も無くの話です。

僕とピエールはジーンズの次なるアイテムを模索中でした。

2007年春パリのとある通りで僕がピエールに質問しました

「あなたの敬愛するスニーカーは?」

答えは僕の想像通り。たかがスニーカーされどスニーカー 、スニーカー101作戦の始まりです。

木型職人と12回目の見本を経て2009年秋にリリースされるまでの奮闘記です。

 

This is the story of in a short time I have to complete the ANATOMICA 618 original jeans.

Pierre and I, was exploring an item next to jeans.

I was asked to Pierre as a spring of Paris in 2007 “What is most favorite sneakers in your life ever?”

The answer was guessed.

I decided to make it immediately.

This is the beginning of mission sneaker 101 it is only sneaker, but it surely is sneaker.

This is the Diary to be released in the fall of 2009 through a sample of 12th and wooden craftsman.

 

 

僕の場合の掘り下げかたはこんな感じだった。

そうそう僕のアーカイヴに珍しいBOAT SHOESがあるはず。

日本に戻り探し当てた。

それは紛れも無い1944年製の米軍で支給されていた内羽式の茶色いキャンバスのスニーカーである。

当時こう書かれている 製造元はU.S.RUBBER.CO そして別の場所にSPERRY TOP-SIDER SAFTY-SOLE PATENTED

目指す完成形は未使用の状態で現存していた。

この雰囲気を目指し、なんと8回の木型製作と12回の見本作成、気の遠くなる30ヶ月

44年製の雰囲気と60年代の雰囲気の融合に成功してやっと完成した。

 

In my case of investigation method was following.

Oh yes, there must be a rare boat shoes on my archive it is my own.

I found it soon when I return to Japan. It is a boat shoes made of brown canvas and oxford style that had been supplied by the U.S. military in 1944.

It is written in this shoes, contractor U.S. Rubber CO and SPERRY TOP-SIDER SAFETY-SOLE PATENTED to another place.

Finally I found a completed form in old new stock condition.

I was decided to aim at this perfection. It takes 30 month, such swooning that made the prototype of 12 times and wooden last of eight times as a result.

Eventually I finished as a product by fusing 60′s and 40′s

 

写真: 1944年のオリジナル

Photo: Original Boat Shoes supplied by US military in 1944

 

写真: スペリーさんのパンテント表記

Photo: Sperry’s patent

 

写真: 製造元表記

Photo: Contractor name

 

写真: 2009年秋に発売開始されたワクワボートシューズ

Photo: Wakouwa Boat shoes launched in 2009

 

写真: ワクワのヒールロゴ

Photo: Wakouwa heel patch

www.anatomica.jp

 

 

 

ピエールの発想はこうだった!

彼はWAKOUWAという木製玩具とスペリーさんの犬を自身の頭のなかで合体させてしまった。

 

Pierre idea was like this!

He has coalesced among the head of its own dog of Sperry’s and wooden toys that WAKOUWA.

 

 

何年も前の話、1949年のクリスマスの数日前5歳の誕生日を目前にしていたピエール・フルニエは最も高級なパリジャン向けのデパート「ボン マルシェ」のディスプレイウインドーに見入ってしまいました。

突然少年ピエールの目を釘付けにしたのは綺麗に陳列された、最小限の大きさで表現された木製の「犬」「猫」「縞馬」「麒麟」の玩具でありました。

当時この革新的な玩具はこの店がプレスを通して促進しておりました。

少年ピエールはすぐさま「この年のクリスマスプレゼントにこの玩具をと」サンタクロースにお願いしましたが希望の「犬」の玩具は煙突の近くには現れませでした。

Whaa-Whaa-Kouwhaa とすすり泣きました。

 

A good many years ago: few days before the Xmas day of the year 1949, little Pierre Fournier barely aged five was peeking at the display windows of the fanciest Parisian department store, Le Bon Marché.

A full range of wooden articulated toys representing animals has bewitched him: Dog, Cat, Zebra, Giraffe are lined up in the foreground.

It must be some innovation to be found here only, maybe, for this store has promoted it through the press (see advertising).

Then very young Pierre Fournier asked right away Santa (after being pictured in his company moments before) for the most wanted -by kids- style of those: the Dog.

But the anticlimax went on Xmas Day the long-desired toy wasn’t near the chimney.

Maybe Santa run out of stock? Doubtless. Anyhow, all the Whaa-whaa-kouwhaa sobs brought him no animal.

 

 

引き続き15歳に成長したピエールは彼の持つ特別な臭覚と充分な小遣い銭を軍資金にありとあらゆる玩具店、中古玩具店、フリーマーケットを対象に幼い日に手に入らなかった「犬」の玩具の在庫を聞きました。

がしかし10年を費やした思いも時代の流れ前には大敗でした。

サンタクロースにお願いした時代背景とは異なり当時完売したその玩具は後の市場では既に一般的ではなく時代と共に忘れ去られておりました。

15歳のピエールはまた再び愕然としました。

 

Being age fifteen, now young Pierre Fournier with spending money was sticking his nose into any toy store still looking for his thing but the brand wasn’t common anymore in the market place,

no way to found it, any locatable stock, any vintage discovery

Out of fashion maybe? a halt in the production? how to know?

Disappointment again.

 

写真: ピエール5歳 1949年のクリスマスの日

Photo: Pierre Fournier Christmas Day in 1949

 

写真: 1949年当時のル・ボンマルシェのクリスマス広告

Photo: Christmas advertising of Au Bon Marche at the time in 1949

 

 

 

後に成長した若いピエールは近代的な衣服とファッションの歴史に興味を示し、ある事実を知ります。

それは 米国人スペリー氏が船員の為に濡れたボートの甲板で滑りにくくなるようにゴムに特別な切り身を入れたソールを開発したと聞きます。

その特別なゴムソールが発明された裏側にはスペリー氏の愛犬が濡れた甲板の上で平然としており愛犬の足の裏のシワと大きく関連しておることも同時に学びました。

 

Later when – now still young – Pierre Fournier took an interest into the modern clothing and fashion history he learned that the inventor of the non-slip rubber sliced sole, the boater Sperry had discovered it noticing his unblinking dog which was remaining stable on the wet boat’s deck where the sailors were sliding.

Having checked out the pattern of his dog’s feet he realised that the skin grooves or cracks were opening at the slightest movement of the animal’s body: the non-slip sole was born.

 

 

更に成長したピエールは当時スイス人のデザイナーの手によるWAKOUWAブランドの商標登録に成功します。

思い出せば1949年のクリスマス煙突の傍に存在しなかった犬の玩具のストーリーとスペリーがソールを発見したストーリーこの2つが見事に溶け合い、WAKOUWAブランドの最初のプロダクトは米国製ミリタリーキャンバス素材を使用し滑り止めのゴムソールが取り付けられた。

古典的なバルカナイズド技法によるスニーカーが私、寺本欣児の手により具現化されたのは2009年の秋の話である。

 

When the full-grown Pierre Fournier had the follow up of a new version of non-slip sole sneakers, those two stories melted together.

With his gorgeous WAKOUWA on now Pierre is not slipped anymore in the city even on the deck.

Masterpiece of sneakers was embodied by classical vulcanized methods by the hand of Kinji Teramoto it is a story in the fall 2009 as well as the long desired toy!

 

 

今後もこのスニーカーが時代の流れに流されませんよう 願いを込めて

In the hope that this sneaker will not flow to the trend of the times. . . . . .

 

 

 


カテゴリー: 未分類 | タグ: , |