2017年11月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
寺本欣児/TERAMOTO Kinji
K-mann 101

アパレルメーカー(株)サーティーファイブサマーズの代表取締役。現在はRocky Mountain Featherbedなど幾つかのメンズ中心のブランドを所有しており、各ブランドのディレクションからデザインまでこなす傍ら、小売店ANATOMICA東京の主宰でもある。ANATOMICA PARISのピエール・フルニエ氏と共にANATOMICAの商品ラインナップのディレクションとデザインも兼任する。そして各国のヴィンテージウェアのディーラーが自身の元へ訪れる世界的にも有名なヴィンテージウェアのコレクター。さまざまな顔を持ち世界中を飛び回る超多忙なこのタイミングでの「101=初めの一歩」をタイトルとしての初ブログスタート!!

Kinji Teramoto is the president of 35 SUMMERS CO., LTD and an owner and director of several brands such as Rocky Mountain Featherbed. Kinji also represents a concept shop, ANATOMICA TOKYO and works together with Pierre Fournier of ANATOMICA PARIS directing and designing for the ANATOMICA label. In addition, he is world famous as a vintage collector that a number of dealers of vintage visit from all over the world. This multi-talented fashionista has newly started a blog titled “101” that stands for “the first step”.




DEALING 101 ピエール・フルニエの場合 (DEALING 101 – Pierre Fournier)

クビドゥー! クビドゥー! クビドゥー!

Coubidou! Coubidou! Coubidou!


ムッシュー ピエール・フルニエの開口一番の言葉である。一体なんのことだろう? 時は2014年1月19日 パリ サンマルタン運河近くの ヴェール・ヴォレでランチをしたときの話である。

This is what Pierre said answering my question. What is that about?

I am going to talk about when I had lunch with him at Le Verre Vole a’ Paris near Canal Saint-Martin on 19th January 2014.

 

パリでのランチやディナーはヴァンナチュール(自然派ワイン)を絡めることがこのところ常である。

We always drink Le Vin Nature (Naked Wine no additives) at lunch and dinner in Paris.

 

(写真 Le Verre Vole Paris *自然派ワインについても今後のBLOGでアップしてゆきたいと思っている)

(Photo 1: Le Verre Vole Paris. I will write more about natural wine at this blog.)

 

 

今回のゲストはPARIS ANATOMICAの主催 Pierre Fournier氏 私のパートナーであり敬愛する人物であります。

This time, I will talk about Pierre Fournier, founder of ANATOMICA Paris.

He is my business partner and person to be revered.

 

(写真 ANATOMICA Paris 14 rue du Bourg Tibourg 75004 Paris)

(Photo 2: ANATOMICA PARIS, 14 rue du Bourg Tibourg, 75004, Paris)

 

 

「貴方の人生で印象に残る最初のDEALINGは?」これが僕のピエールに対する質問。

“What is your most memorable “DEALING” you ever have had?”

This is a question I asked him.

 

ピエールの回答?開口?が文頭のクビドゥー! なんのこっちゃ?と思った僕に若手パートナーのCHARLES NOUSSE氏が 「SCOUBIDOU」のことだよと助言をくれた。

His answer? “Coubidou!”???  This is the sound from his mouth.

 

正しく日本語で明記すると 「スクビドゥー」 正直僕はフランス語がさっぱりなので 英語の得意なチャールズが助言をくれる。彼は常日頃から僕のトランスレーターだ。

I am not very good at French so he always translate French words to English to me.

He is my translator specially in this case.

 

発音だけでは僕はまだちんぷんかんぷん。iPhone片手に画像も見せてもらい。やっとなんのことか分かった。便利な世の中だ!

I was not still sure what Scoubidou was so he showed photos of it on his iPhone.

It is so convenient world now!

 

(写真 スクビドゥー の編み方と完成形)

(Photo 3: How a Scoubidou is woven. Photo 4: Completed Scoubidou)

 

14歳のピエール少年はナイロン系の紐を上手に編み何種類も作っては友達に売ったらしい

それも学校で!

Pierre used to be good at making it weaving nylon threads and sell them to his friends when he was 14 years old. At school. !!

 

「透明の紐で編んだ ジャイアントなスクビドゥーが特に自信作さ!元手はほとんどなしで かなり高く売れたんだぞ!」

少年のように目を輝かせてピエールが人生初の印象に残るDEALINGについて語ってくれた。一本辺り現在の金額で10ユーロ程度 最終幾ら儲かったかは定かではない。

“Giant Scoubidou made of clear nylon threads was my masterpiece! The cost was nothing but they sold so well!” He told me with his eyes shining in the use of boy!   The price he sold at was equivalent to 10 euros in the current price.   WOW! Good deal! We do not know how much or grossed finally.

 

ちなみにスクビドゥーはフランスで1960年代頃からある遊びの1つらいしい、ピエールの最初のDEALINGは 自作のスクビドゥー取引だった。

By the way, Scoubidou is play from the 1960’s in France.

It was Pierre’s first DEALING.

 

スクビドゥー その言葉自体は同じころアメリカのジャズシンガーが「スク ビ スク ビ ドゥ ビ ドゥ ア~♪♪♪」と歌った擬声語が元になっているらしい。

It was said Scoubidou came from the famous lyrics of an American jazz singer “♪♪♪Scou bi dou bi dou wa♪♪♪

 

少年ピエールも鼻歌交じりにせっせと紐を編んでいたんだろうなぁ

♪♪♪ スク ビ ドゥ ビ ドゥ ア~♪♪♪

I am sure that young Pierre was singing it while making Scoubidou.

♪♪♪ “Su ku bi du du bi a” ♪♪♪

 

(写真 ご機嫌なピエール・フルニエ アナトミカパリ店内にて)

(Photo 5: Happy Pierre Fournie at ANATOMICA Paris)

 

さーて次回のBLOGはだれのDEALING101を書こうかなぁ ♪♪♪ スク ビ ドゥ ビ ドゥ ア~♪♪♪

Whose dealing101 should I write about next time.  ♪♪♪Scou bi dou bi dou wa♪♪♪

 

 

 


カテゴリー: 未分類 |